HOME > 寄付情報一覧 > らーめん工房 善の家が施設児童を招待
寄付情報

らーめん工房 善の家が施設児童を招待

豊橋市小松町にある、らーめん工房善の家が、12月24日、市内の福祉施設入所児童をお店に招待し、こだわりのらーめんを振る舞いました。
20131224yoshi001

同店は、化学調味料などを一切使わず、時間と材料をかけて味を出すこだわりのお店として営業する傍ら、福祉施設入所児童を招待し、お腹一杯らーめんを食べ喜んでもらいたいと、平成18年からお店の定休日となる火曜日に活動を始め、今回で11回目の開催となりました。

20131224yoshi002

しょうゆ、しお、みそからそれぞれが好きな味を注文し、らーめん、ごはん、漬物とのセットで提供され、食べ盛りの子供たちは、ご飯のおかわりや、替え玉なども追加で注文していました。また、食事を提供するだけではなく、ホールのスタッフは招待された児童に積極的に話しかけ談笑したり、ごはんのおかわりや替え玉をすすめるなど、きめ細かに声をかけ、帰り際には、全員に用意したクリスマスプレゼントを渡し、手を振って見送っていました。

この活動は、同店の店主だけではなく、無償で手伝うアルバイト従業員や賛同する取引先からの食材提供などを受けて実現しているといういことです。

豊橋善意銀行では、このように自店への招待活動などを考えている店舗、会社さまのご相談に応じております。
具体的な活動方法や、施設との連絡の取次なども行っております。ご相談は、豊橋善意銀行事務局にお問い合わせいただくか、お問い合わせページよりメールフォームにてお問い合わせください。